あなたを天才にするスマートノート(岡田斗司夫・著)の時間短縮法

白紙ノートの見開きの画像 自己啓発
白紙ノートの見開きの画像

今から二年半ほど前、私はかなり精神的にまいっていました。というのも、やることなすこと裏目に出る感じだったのです。いろいろ新しいこと始めた結果、関わったことのない人たちと関わることになって、結構手ひどく打ちのめされて、人として自信を失っていたのですね。具体的に言うと自分の頭の悪さが嫌というほど思い知らされたというか。なんとかならんものかなあ、とAmazonの書籍ページを消耗したメンタルで眺めていたわけです。

そしたら、ちょうどあなたを天才にするなんて言ってくれる、キャッチーな本があるではありませんか。正直こんなにわかりやすいタイトルの本を信じた時点で、救いようがないくらい頭が悪くなるんじゃないかと怖かったのですが、その時の自分は恐怖より欲求が勝ちました。プライム会員だとKindle版をただでダウンロードできるようなので、試しに読んでみることにしたのです。

スマートノートと言うだけあって、毎日B5ノートを1ページ使います。まあ本にはいろいろなメソッドが書いてあるのですが、あんまり難しいことは書いていなくて、結構簡単に自分でも始められそうだったのですね。今回の記事ではその辺りは割愛するので、もし興味があったら他の方が作っている解説ページか、実際に本を読んでみることをおすすめします。

あなたを天才にするスマートノート実践ポイントまとめ - NAVER まとめ
『あなたを天才にするスマートノート』の実践的な視点でのポイントまとめです。とりあえず体験してみたいという方、実践中の方の簡易的なリファレンスとして。

参考ページ:あなたを天才にするスマートノート実践ポイントまとめ

それで僕はこんなノートを毎日つけるようになりました。パソコンの方はまだしも、スマホで見ている方は拡大しなきゃ見えないですよね。すみません。

スマートノート見開きサンプル1
スマートノート見開きサンプル1

右上にあるのが5行日記。1(最低点)~5(最高点)まで点数をつけています。

右下にあるのは論理訓練。毎日議題を決めて、それぞれ本のメソッドに従って深堀りしていきます。こうやって連想していくと結構スラスラ頭が回った気になりますね。

左ページにあるのは、右ページで書いたことに関連付けて創作的なことをします。2コマ漫画のネタはこれで結構たまりました。

ただこんなびっしりノート書いていると、一日に占める時間が結構長くなるんですね。精神的にまいっているときとか、書くの辛くなって、ある時期、3ヶ月位書くのやめてました。

そこで終わる可能性も高かったのですが、不思議とこのノートが体の中に染み付いてしまっていて、回復した頃にもう一度やり方を変えて始めることにしたんですね。

スマートノート見開きサンプル2
スマートノート見開きサンプル2

直感的に矢印で連想したことを書いていくほうが、3割くらい時間を短縮できることに気づきました。最近はずっとこれでやっています。

2年以上続けた成果についてですが、メチャクチャ頭良くなったとかトークスキルが上がったとか、自分で胸張って言えるほどじゃないです。ただ、これ以上やっても上手くいかないことをしている時に、見切りをつけるのが早くなったと思います(昔は自分が駄目になるまでやっていた……)。毎日稚拙なれど、考えを積み重ねていくうちに、思考のパターンも増えていって、結果的に判断力が養われていく感じがします。補助的なツールとして重宝させていただいています。

自己啓発のコーナーにふさわしいと思って、このスマートノートを紹介させていただきました。そうそう天才にはなれないでしょうが、自分の能力が低いと思って悩んでいる方は、試してみてもいいかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました