短編小説

短編小説

デビュー

 松田は眉のつり下がった虚ろな目で、暗欝に己の人生を自嘲していた。俺に生きている価値などあるのだろうか、一体どうしてこうなってしまったのか、と。  松田が間違いに気付いたのは、センター試験を一か月前に控えた日の事だった。  松田が受験す...
タイトルとURLをコピーしました